奈良最古のしょうゆ蔵ホテル、29日開業 ファンドも投資

29日に開業する「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」

29日に開業する「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」

しょうゆ醸造のマルト(奈良県田原本町)は県内最古のしょうゆ蔵を改装した宿泊施設「NIPPONIA(ニッポニア) 田原本 マルト醤油」(同)を29日に開業する。築130~140年の建物を全7室(収容人数は約30人)の宿泊施設に改装した。

奈良県内最古のしょうゆ蔵を改装した

奈良県内最古のしょうゆ蔵を改装した

しょうゆ蔵は江戸時代の1689年に醸造を始め、1950年ごろに閉鎖したが、最近になって再開している。大和の食文化の歴史を発信しようと、しょうゆを使った料理を楽しめるレストランも併設する。

改装費は総額約2億円で国や県の補助金も活用した。南都銀行と古民家再生のNOTE(ノオト、兵庫県丹波篠山市)、三井住友ファイナンス&リース(SMFL)が100%出資するSMFLみらいパートナーズが設立した「奈良古民家まちづくりファンド」が6000万円を投資した。マルトが発行した無担保社債を引き受けた。

築130~140年の建物を改装した
29日に開業する「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」

29日に開業する「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」

しょうゆ醸造のマルト(奈良県田原本町)は県内最古のしょうゆ蔵を改装した宿泊施設「NIPPONIA(ニッポニア) 田原本 マルト醤油」(同)を29日に開業する。築130~140年の建物を全7室(収容人数は約30人)の宿泊施設に改装した。

奈良県内最古のしょうゆ蔵を改装した

奈良県内最古のしょうゆ蔵を改装した

しょうゆ蔵は江戸時代の1689年に醸造を始め、1950年ごろに閉鎖したが、最近になって再開している。大和の食文化の歴史を発信しようと、しょうゆを使った料理を楽しめるレストランも併設する。

改装費は総額約2億円で国や県の補助金も活用した。南都銀行と古民家再生のNOTE(ノオト、兵庫県丹波篠山市)、三井住友ファイナンス&リース(SMFL)が100%出資するSMFLみらいパートナーズが設立した「奈良古民家まちづくりファンド」が6000万円を投資した。マルトが発行した無担保社債を引き受けた。

築130~140年の建物を改装した

築130~140年の建物を改装した

29日に開業する「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」

29日に開業する「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」

しょうゆ醸造のマルト(奈良県田原本町)は県内最古のしょうゆ蔵を改装した宿泊施設「NIPPONIA(ニッポニア) 田原本 マルト醤油」(同)を29日に開業する。築130~140年の建物を全7室(収容人数は約30人)の宿泊施設に改装した。

奈良県内最古のしょうゆ蔵を改装した

奈良県内最古のしょうゆ蔵を改装した

しょうゆ蔵は江戸時代の1689年に醸造を始め、1950年ごろに閉鎖したが、最近になって再開している。大和の食文化の歴史を発信しようと、しょうゆを使った料理を楽しめるレストランも併設する。

改装費は総額約2億円で国や県の補助金も活用した。南都銀行と古民家再生のNOTE(ノオト、兵庫県丹波篠山市)、三井住友ファイナンス&リース(SMFL)が100%出資するSMFLみらいパートナーズが設立した「奈良古民家まちづくりファンド」が6000万円を投資した。マルトが発行した無担保社債を引き受けた。

築130~140年の建物を改装した

築130~140年の建物を改装した

築130~140年の建物を改装した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です