涼を呼ぶ 江戸のガラス

     全て表示

そよ風に響く風鈴や、繊細なカットが光り輝く切子。涼を誘うガラスは軒先に卓上にと日本の夏を彩ってきた。

「魔除けの道具」がルーツの風鈴は、今、ささやかな疫病退散の願いをこめて注目を集める。江戸時代から連なる伝統の技は、歴史の荒波を越えて受け継がれ、現代の意匠として息づいている。

風鈴~魔除けから夏の風物詩に

夏の風物詩でもあるガラス風鈴だが、その歴史が江戸時代に始まることをご存じだろうか。

「江戸時代のガラスは、割れそうなぐらい薄くて派手な装飾のない素朴な美しさが特徴。その時代を感じさせる作り方が残っているのが『江戸風鈴』です」。日本有数のガラスコレクションを誇るサントリー美術館(東京・港)の学芸員、林佳美さん(32)の言葉に誘われ、東京・江戸川の篠原風鈴本舗を訪れた。

戦前に東京で10軒近くあった風鈴屋は、のれん分けをした先を含め2軒が残るのみ。篠原風鈴は江戸時代に始まった吹きガラスの製法を受け継ぐ一方、絵付けや組み立て、販売と分業だった工程を一貫作業に変え、風鈴を工芸品に高めてきた。1965年ごろに2代目の篠原儀治さん(95)が「江戸風鈴」と名付け、風情を大切に伝えている。

3代目の妻で代表の篠原恵美さん(65)に工場を案内してもらうと、内部を1300度に熱した炉の前に熟練の男性職人2人が立ち、汗をにじませながらテンポよくガラスの玉を生み出していた。

炉に埋め込まれた坩堝(るつぼ)には、どろどろに溶けたオレンジ色のガラスがのぞく。それを細長いガラス管の先に巻き取り、型を使わず、空中で息を吹き込み膨らませる「宙吹き」という製法だ。1つにつき1~2分の流れるような動作を見つめながら、江戸時代の浮世絵に描かれた職人の姿を思い浮かべた。

「婦人職人分類びゐとろ師」。1789~1801年、喜多川歌麿画。神戸市立博物館所蔵、Photo :Kobe City Museum/DNPartcom

「100年、200年の昔を感じながら、ガラスならではの涼やかさや柔らかい音を楽しんでもらえたら」と恵美さん。絵付けされて完成した風鈴を手に取ると、素朴で愛らしい丸みは、ひとつひとつが少しずつ異なる。「江戸っ子の潔さ」を表すような、余韻の少なく軽やかな音色にも同じものはない。鳴り口をわざとギザギザに仕上げる昔ながらの工夫が施され、風に揺らすと複雑な音の響きも耳に心地よかった。

風鈴はどのようにして生まれたのだろう。日本の音楽や楽器に詳しい上越教育大名誉教授の茂手木潔子さん(70)に尋ねると「ルーツは『魔除(まよ)けの道具』なんです」と答えが返ってきた。

その道具とは、古代インドの寺院にあった金属製の「風鐸(ふうたく)」のことだ。屋根の四隅に掲げられ、風を受けて鳴る音が魔を祓(はら)うといわれている。木の枝につり下げて音の鳴り方で吉兆を占う中国の「占風鐸」が起源という説もあるが、いずれにせよ日本には仏教の伝来とともに風鐸として伝わったとされる。古くは世界最古の木造建築群である世界遺産・法隆寺(奈良、607年ごろ創建)の金堂や五重塔にもある。

風鈴の歴史には平安から鎌倉時代の僧侶、法然上人が関わっているという。茂手木さんによると「風鈴」という言葉が初めて確認されたのは、浄土宗の宗祖である法然の足跡をつづった「円光大師伝」。昔は「フレイ」や「フウリャウ」などと読まれ、法然が名付け親と解釈されることもあったようだ。

同書によると、風鈴を好んで持ち歩いたとされるのは法然の弟子、空阿弥陀仏。浄土宗の担当者は「信仰する人が増えた鎌倉時代に、極楽浄土に近い音として仏教を広めるために用いられたのではないか」と推察する。風流な音を法然や信者も耳にしたのだろうか。

風鈴のルーツとなった「風鐸」は、法然を宗祖とする浄土宗の増上寺(東京・港)でも見ることができた

寺院の風鐸と同じように、風鈴も始めは主に金属製だった。平安・鎌倉時代には疫病神を防ぐため、貴族が縁側に下げたという。ガラス製が登場したのは江戸時代のことだ。明治時代にはガラス風鈴を担いだ「風鈴売り」が市中を歩き、庶民にまで広がって夏の風物詩となっていった。茂手木さんは「ガラスの涼しげな透明感に加え、吹き抜ける風の音を象徴的に捉えた自然に近い音が、日本人の感性に響いたのではないでしょうか」と語る。

最近は各地で風鈴祭りが開かれ、涼感や写真映えが人気だ。昨夏に2千個以上の江戸風鈴が揺らめいた川越氷川神社(埼玉)をはじめ、この夏は新型コロナウイルスの影響で変更や中止を余儀なくされるところも多い。祭りのにぎわいをまた楽しめる日を願いつつ、自宅の軒先や窓辺で楽しむこととしよう。

江戸風鈴の絵柄はかつて、全体を赤く塗った「魔除けの色」が最も好まれた。近年は金魚や花火、縁起物の宝船や松などに加え、精緻な都会の風景や螺鈿(らでん)を張ったモダンなデザインも生まれた。時代は巡り、コロナ禍の今年は新たな魔除けの象徴である疫病退散の妖怪「アマビエ」が人気を博している。

手作業で作られる江戸風鈴は、ひとつひとつの丸みが少しずつ異なり、愛らしい表情を見せる

切子~江戸・東京が育む伝統の技

菊や格子模様などの和柄や繊細なカットが目を楽しませる江戸切子。幕末に色ガラスをかぶせる技術が発展した薩摩切子に対し、江戸っ子の粋の表れからか「無色透明」が好まれたそうだ。その地で100年以上続く手仕事であることが求められる国の「伝統工芸品」で、ガラス製品は2つしかない。そのひとつが江戸切子だ。東京は、江戸時代のガラス作りを今に伝える貴重な地でもある。

ただ、サントリー美術館の林さんいわく「ガラス作りの江戸時代のトップランナーは長崎だった。長いスパンで考えると東京の歴史は極めて新しい」。なぜ東京で伝統が培われたのか。

日本のガラス史は弥生時代に遡り、吉野ケ里遺跡(佐賀)など各地でガラス玉が出土している。7~8世紀には奈良の遺跡で国産のガラス玉作りの痕跡も見つかったが、本格的なガラス作りは16世紀に南蛮船が渡来して以降のこと。長崎から大阪や京都を経て江戸に伝わるも、品質面では「長崎のものには及ばない」との記述も文書に残されている。切子は厚手のガラスが生まれた19世紀に入ってからのようだ。

転機は、殖産興業をうたった明治時代だ。1876年(明治9年)、東京・品川に官営ガラス工場「品川硝子製造所」が設立され、英国人技師を招いて西洋の近代技術を導入した。「宙吹き」による薄いガラス、時間のかかる手彫りの切子を大きく向上させ「技術面で現代の江戸硝子・江戸切子の直接的なルーツになった」(林さん)。

日本のガラス産業の礎となった品川硝子製造所を描いた銅版画(1970年、博物館明治村発行「工部省品川硝子製造所記念展示」より)。建物の一部は愛知県犬山市の明治村に移築されている

かつて「瑠璃(るり)」や「玻璃(はり)」と呼ばれ、枕草子に「うつくしきもの」と記されたガラス。江戸時代に「硝子」と書いてポルトガル語の「びいどろ」と呼ばれたこともあったが、品川硝子の設立後は英語の「ガラス」と読まれるようになる。

品川硝子は赤字が膨らみ10年足らずで民間に払い下げられたが、伝習生たちは東京の下町などに独立して残った。鹿児島の薩摩切子が幕末の動乱を経て途絶え、長崎や大阪のガラス作りが安価な輸入品などと競って衰退する一方、日用品やぜいたく品の一大消費地だった東京では伝統をつなぐことができた。震災や戦火など「近世から近代以降の荒波を、庶民にも育まれながらどうにか乗り越えた数少ない例」(林さん)となった。

バブル崩壊後には江戸切子から大手が次々撤退したが、下請けを脱したことをきっかけに、切子職人たちは個性を競いデザイン性の高い作品を生み出してきたという。江戸切子協同組合(東京・江東)の清水祐一郎さん(40)は「若手も加わり、量産品ではないクラフトとして、表現に力を入れた作品に幅が広がっている」と話す。

ミシュラン三つ星の「日本料理 龍吟」(東京・千代田)を訪ねると、コース料理の最後を飾る色彩豊かなソルベのデザートが、江戸切子の透明なお碗(わん)に盛られていた。口にするとかんきつ類の爽やかな味わいが広がり、照明にきらめく器のカット文様が目にも美しい。美食家で知られる北大路魯山人は若かりし頃、赤い切子の器で安い豆腐をぜいたくに演出したエピソードが残るが、こちらはまさに美の競演といったところか。

日本料理は五感に訴えかけることもごちそうのうちである――。代表の山本征治さん(50)は「全ての感覚に訴えかける満足感は、料理だけでは表現できない。そこを手助けしてくれるのが伝統工芸だ」と語る。独特な曲線のフォルムに、江戸切子の繊細なカットが施された金赤色のウオーターボトルは1点物の特注品。卓上でアート作品のように存在感を示していた。

日本料理「龍吟」では江戸切子の水差しや碗がテーブルに華やぎを添える

制作者の堀口徹さん(44)は12年前に家業から独立、堀口切子(東京・江戸川)を創業した。「ガラスを加工し、使い手を驚かせて魅了するという江戸切子の本質は変わらない」。伝統の上に立ちながら、現代的な食器や照明、アクセサリーなどに新境地を開いている。工場には、クラシックなイメージを覆すグラスや酒器が並んでいた。

赤や青の酒器は伝統的な文様がアレンジされ、堀口さんオリジナルのグラスには今世紀新たに登場した黒が印象的に用いられている
回転するダイヤモンドホイールでガラスの表面を削り、切子模様の基本となる線を入れていく

伝統と未来を象徴する東京スカイツリー(東京・墨田)では、夏をテーマとしたエレベーターに乗ると、大輪の打ち上げ花火のような光の演出が迎えてくれた。幻想的な空間を生み出すのは、3方向にちりばめられた376個のカラフルな江戸切子だ。「光と相性がよく、光を消しても華やかで目を引く江戸切子は設計者からも好まれます」と伝統技術ディレクターの立川裕大さん(54)。今年の隅田川の花火大会は中止となった。だが、そんな今こそ伝統がもたらしてくれる光が生活の彩りとなってくれるのではないだろうか。

「隅田川の空」をテーマにした東京スカイツリーのエレベーターの内装には、清水硝子(東京・葛飾)が手がけた376個の江戸切子があしらわれる

小沢一郎氏

井上昭義氏撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です